タイムセールでSIMフリースマートフォンが安い

投稿者: | 2018年4月16日
こだわりないからこそSIMフリースマートフォン!?

そろそろ本気でSIMフリースマートフォンも検討してみませんか?

というと、SIMフリースマートフォンが何かハードルの高いもののように感じてしまいますが、そもそも全くややこしい代物ではないです。

であるにも関わらず、あたかも「SIMフリースマートフォンは、玄人向きのものである」とするのは、大手キャリアの戦略なのでしょうか、と勘繰ってしまったり。

まあそれはないにしても、SIMフリースマートフォンは個人的にはお得だと思います。

といいますのも、簡潔にまとめると3つの利点があると思ってます。

1.種類が豊富

2.別の通信会社や格安SIMに移動しても、そのまま機種が使える

3.安い

例えば、このワイモバイル SIMフリースマートフォン タイムセールページを見てください。

HUAWEI P10 Liteが実質108円です。つまり、2年使っても実質108円。

もちろん、「実質」ですよ。

もうそろそろ「実質」の概念に慣れてきたかと思いますが、一応説明しますと、「毎月864円かかりますが、その分値引きが864円はいるので差し引き0円で実質」となります。

このスペックで、この価格、しかも(契約さえ切れれば)そのまま機種を変えずに移動ができる。

どうですか。

いやいや、SIMフリースマートフォンである必要ないよ

説明しておきながらなんですが、このぐらいの利点であればSIMフリースマートフォンにわざわざする必要もないかもな、とも思ってます。

何故なら、

1.種類が豊富
→大手キャリアからでている種類も、以前と比べて少なくなってますが、かなり豊富です。

2.別の通信会社や格安SIMに移動しても、そのまま機種が使える
→実は、大手キャリアのSIMロックスマートフォンも、「SIMロック解除」(有料)をすれば他の会社で使えます。

3.安い
→そうですね、大手キャリアで契約しても実質がかなり安いものもあります。

つまり、だからこそですが、日本でSIMフリースマートフォンが広がらない理由としては、キャリアからでているスマートフォンで十分すぎるからです。

素晴らしいですね、日本は。

海外ではiPhone欲しくても高くて買えないから、格安スマホのメーカーが軒並み台頭してきてますが、日本はiPhoneも月額390円でもてるし、ワイモバイルであればiPhone SEといえど新品が9,800円~で買えます。ワイモバイル iPhone SE

中古市場が日本ではあまり盛り上がっていない理由として、こうしたキャリアのスマホが中古で買うよりも安いから、という理由もあるようです。

まあ、日本は「新品至上主義」ですから、それだけが理由ではないですが。

とにかく、SIMロックスマートフォンだろうと、SIMフリースマートフォンだろうと、機種は安く、かつ通信費も安くもてるから、今のところはまだまだワイモバイルをお勧めします。