ワイモバイルならLINEのID検索が使える

NO IMAGE
LINEのID検索って何?

今更かもしれませんが、友達とLINEでともだちになろうとすると、当然ですが相手の情報を自分のLINE上に登録する必要があります。

ご存知の方が意外にも少ないのですが、実は最初にLINEを使う際に自分の連絡先にはいっているともだちは自動的に追加できる仕組みとなってます。(ともだちの中には、相手の連絡先にでないよう設定している人がいるため、全員が全員最初からLINEでともだちになれるわけではないです)

ですが、当然ながらこれから出会うともだちもたくさんいるわけで、その人たちとはメールアドレスの交換のようにLINEアドレスの交換が必要になります。

それがいわゆる「LINEのID」となります。

LINEの設定画面から、LINEのID検索をすることで候補のともだちが出てきて、あとはクリックしてともだちになるだけです。いたって簡単です。

格安スマホ、格安SIM業者ではID検索が使えない

ワイモバイル

当然ないと困るID検索ですが、LINEでは18歳以上の年齢確認をしなければID検索ができない仕組みになっています。

ここがネックでして、なんと、格安スマホや格安SIM業者ですと、「年齢認証」ができず、ID検索ができません。

「年齢認証」は、キャリアであるdocomoやau,ソフトバンクと「ワイモバイル」になります。(LINEモバイルもできるようです)

ワイモバイルは、キャリアメールも使えるいわゆる格安スマホ業者ではなく、完全に自前の通信ネットワークをもっている通信会社です。

楽天モバイルやUQ mobileとは違います。

ID検索が使えないとなると、非常に不便ではありますが、近くにいる人であれば“ふるふる”で連絡先を交換するか、遠くにいるならばSMSを送ってともだちになることもできるらしいです

ですが、ID検索を使えないのは何か「ダサい」。SMSを送るにせよ、その前に電話番号を聞いておかないといけないので、「聞きづらい」。

やはりID検索は使えた方が便利です。
※ちなみに、SIMカード単体のご契約をお考えの場合、「音声」SIMカードを選択する必要があります。「データ」SIMカードですと、SMS(電話番号でやりとりできるメッセージ)ができませんので、LINEのID検索に必要な年齢認証ができないためです。

それだけで選ぶ必要もないですが、やはり、どう計算してもワイモバイルが一番コストパフォーマンスが高いので、LINEのID検索ができるといった細かいところも含めてどうしても私はお勧めしてしまいます。

1年目は1,980円/月、2年目でも2,980円で、国内通話は10分無料。iPhoneも取り扱っているうえ、ソフトバンクユーザーと同じ回線を使っているので品質も高いですから。

サービスカテゴリの最新記事