ワイモバイルも既存のお客さまを意識しはじめた!

投稿者: | 2017年8月12日
既存のお客さまを大事にしはじめている

Softbankやdocomoなどの大手キャリアは、少し前から既存のお客さまに対するケアを厚くしはじめましたね。

もはや携帯の所有率は頭打ちで、新規でとってくるのは学生しかいないため、新年度に「学割」にかなり力をいれてるけど、それ以外では新しいiPhoneがでる9月ぐらいしか積極的に新規をとっているようには見えない。

最近でたauの新プランも結局新規というよりも既存のお客さまがMVNOに流出しないように始めたとしか思えません。

だって、MNPでauにしても結局端末代金がとられるからあまり安いと思えない。(みなさん、ちゃんと調べた方が良いですよ。)

Softbankが最近力をいれている「Super Friday」で、毎週金曜日に「何か無料でもらえる」というのも、新規で他社からとってくるにはそこまで強いとは思えないし、結局auもプレミアム会員だけの特典だけど、真似してるし。

結局、大手キャリアは守りにはいっていると言わざるを得ません。

まだまだ新規をおいかけるワイモバイルも少しずつ既存も...

ワイモバイルも最近(だと思いますが)このようなページを作ったようですよ。

読むと結構当たり前のことが書いてあるのですが、どうやら「PHS」や「ガラケー」を使っている人向けに書いているようです。
ワイモバイルのユーザーには、ウィルコム時代のPHSユーザーがたくさんいるからだと推測してます。

とはいえ、それでも、スマートフォンを使っている人の中にはそこまで詳しくなくて、あまり知らなかったことも載ってます。

たとえば、

契約更新月以外で機種変更すると「違約金」がかかるのではないか?

という疑問ですが、多くの方が「2年経たないと、他社へののりかえ(MNP)であれ、機種変更であれ、違約金がかかるのではないか」と思っている人が多いようです。

実際、私も周りの人に聞いてみたところ、半分ぐらい勘違いしてました。

もちろん、途中で機種変更しても「機種代金」の残りの分割代金の支払いは残ります。

日本独特の契約形態で、2年契約の際、「機種も分割2年、値引きも2年」というやり方で、「実質0円」というような形で売ってましたが、途中で機種変更すると機種代金の残債はのこるけど、値引きがなくなります

それでも、違約金なしで新しい機種に変更できるならば、まだ許容範囲という人もいると思います。

一度読んでみるのもいいと思いますよ。

機種変更するならやっぱりワイモバイル

ワイモバイルも既存のお客さまを意識しはじめた!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: やっぱりでました、ワイモバイルの既存ユーザー向け施策 | Y!mobile Mania -ワイモバイル マニア-

コメントは停止中です。