ワイモバイル徹底解説!!

当ページのガイド

本ページは当サイトのメインページです。こちらを読めば、ワイモバイル購入前に知るべきことがわかります。下記のような構成となってます。該当の箇所にはクリックすればとべます。

1.現在実施しているワイモバイルキャンペーンのチェック

2.購入前に知っておきたいワイモバイルの最新情報

3.ワイモバイルについて一から知る


本サイトの説明をするわん太郎です。

もう買うものを決めているなら「1」だけ見て、ワイモバイルで買うけど機種などが決まってない人は「2」まで、ワイモバイルについてまずは知りたいなら「3」をみてください。

こんにちわ。
会話形式でわかりわすく解説するよ。

現在実施中のワイモバイルのキャンペーン

■10月16日スタート オンラインストア限定ワイモバイルスーパーセール
https://www.ymobile.jp/store/sp/special_sale/
Oppo Reno3 A 一括機種代金 21,600円(18,000円割引)
Xperia 10 Ⅱ 一括機種代金 3,6000円(18,000円割引)
Android One S7 一括機種代金 8,640円(18,000円割引)
Android One X4アウトレット 一括機種代金 980円

■SIMのみのご契約で6,000円相当のPayPayボーナス還元
https://www.ymobile.jp/store/sp/ymsim/

■タイムセール 毎日夜9時から翌朝9時まで
https://www.ymobile.jp/store/sp/timesale/
・Android One S5 一括機種代金 10,800円
・Libero S10 一括機種代金 3,600円

■アウトレット 
https://www.ymobile.jp/store/sp/outlet/
・かんたんスマホ 月400円/月
・Android One S5 月390円/月
・Huawei P20 lite 月290円/月
・Android One S3 月190円/月
※36回払い

最新情報!ワイモバイルを買う前に知っておくべきことを解説!

iPhone SE 2がワイモバイルから発売!早くも在庫切れなのであったら買うべし

 

ワイモバイルからiPhone SE 第2世代 が8月27日に発売されたニャ。

 

ワン(はい)!まさかと思った。
iPhone SE 第2世代は先日大手キャリアからでたばっかりで、これまでは数年待たないとワイモバイルでは発売されなかったワン。

ずっとiPhone 8がでるものだと思ってたから、意外だったニャ。

そう、本当に意外。まだまだ大手キャリアでばんばん売っている中で、格安に分類されるワイモバイルで取り扱うことになったのは、Appleが日本の格安スマホ市場を認めたということかもしれないワン。

こちらがAppleのサイトにあるものです。

以下ワイモバイル公式サイトからの引用です。

■iPhone SE(64GB)<定価57,600円>
<新規/他社からののりかえ>
・スマホベーシックプランM/Rで機種代金18,000円割引→値引き後価格39,600円
・スマホベーシックプランSなら機種代金14,400円割引→値引き後価格43,200円

※事務手数料3,300円が無料!(公式ワイモバイルオンラインストア限定)

iPhone SEの価格をまとめました。

新規/MNPベーシックプランSベーシックプランM/R
定価57,600円 57,600円
割引14,400円18,000円
値引き後43,200円39,600円

見て!
新発売でいきなりの値引き!
スマホベーシックプランMなら4万円をきるワン。

しかも、ワイモバイル オンラインストアならさらにお得になるんだよね?

ワン(はい)!

1.ワイモバイル オンラインストアなら、事務手数料3,300円が無料になるワン。

2. どこでも特典でPayPayボーナスライト3,000円相当もらえるワン。
事前エントリーが必要だから注意が必要だワン。

ということは、さらに6,300円もお得になるってこと!
かなりお得ニャ。。。

そうです。

個人的には買いかなと思ってます。普通に安いんですよ。

このiPhone SEって、最新のiPhone 11と同じ性能のチップを使っているんですよ。まったく遜色なし。

画面サイズは以前のiPhone SEよりも大きくなっていて、4.7インチRetina HDディスプレイが採用されてます。

「前のサイズ感」が良い人にはちょっと残念ですが、それでも最近のスマートフォンの中では小さい方。

しかも、うれしいことに真ん中の下に物理ボタンがあります。そして、ロック解除や認証がすばやく安全にできるTouch ID搭載です。ボタンがない違和感を最後までぬぐい切れなかったiPhoneユーザーの救済でしょうか。

しかも、最大水深1メートルで30分間も持つ防水機能もついてます。

コストパフォーマンスは相当高いですよね。

買うなら今ですが、なんとすでに在庫切れ10月時点でかなり潤沢に在庫がはいってきたようで、64GBは売り切れになっておりません。残念ながら128GBはまだ売り切れが続いているようです。

下記購入ボタンからサイトに飛びますと「入荷未定」となってましたが、購入できるようです。。

iPhone SE 128GBはワイモバイルオンラインストアでこまめに確認するほかないですね。

とにかく、在庫待ちだワン。

ワイモバイル オンラインストアなら、在庫確認のために店舗に行かなくていいし、6,300円分お得だし、何よりも外出しなくても申し込めるから、検討の余地ありだワン。

・iPhone 7が値下げ!いよいよ在庫処分の可能性あり。恐らく台数は少ないだろう。

こちらは予想通り、iPhone 7(購入はこちら)が値下げされたニャ。

以下、公式サイトからの引用。

【iPhone 7(32GB)】
定価 39,600円 → 定価36,720円に値下げ!

機種代割引はこれまでと変わりません!

<新規/他社からののりかえ>
・スマホベーシックプランM/Rで機種代金15,840円割引→値引き後価格20,880円
・スマホベーシックプランSなら機種代金12,240円割引→値引き後価格24,480円

現状から3,000円ほど安くなったワン。
3,000円でも大きいし、このタイミングで値下げしたのは、やはりiPhone SEの発売と同時にいよいよ在庫をはきにきたと思うワン。
もう新品では買えないかもしれないから、最低限の機能と性能で良い人は今しかないかも。。。


そうですね、過去にも同様に、新しいiPhoneがでた後に、それまでのiPhone を値下げすることがありましたので、今回も同じパターンでした。

iPhone 7はこれで4世代前ですね。
それでも売れていると聞くからすごいです。

こちらが過去のiPhoneの変遷です。
iPhone 7→iPhone8/X→iPhoneXR/XS→iPhone11/11pro→iPhoneSE

やはり20,000円ぐらいで買えるというのは、学生にとってはうれしいですよね。そこまで高性能なスマートフォンはいらなけいど、iPhoneがとにかく良いって人にはもってこいです。

ここらへんの価格の値付けがワイモバイルは絶妙ですよね。

【常設】ワイモバイルについて一から知る

携帯代金が高いから格安スマホにしたいけど、何だかわからない人!
ワイモバイルを理解すれば、ほぼほぼ格安スマホのことがわかるうえ、ワイモバイルが一番良いことがわかるワン。

というわけで、以下少しずつワイモバイルの良さを紹介します。

ワイモバイルを解説!ここを読めばわかる。

ワイモバイルの月額料金は通常2,680円/月

ワイモバイルはCMでも1,480円と言っているけど、本当に1,480円で使えるの?

みんなが1,480円で使えるわけではないよ。

通常はベーシックプランS(3GB)でも2,680円/月だワン。

各種割引をつけると1,480円になるけど、ここは解説するワン。

そうです、通常ワイモバイルの最安プランはデータ容量が3GBで、2,680円のベーシックプランSが通常プランです。

そこから以下の各種割引がはいって、1,480円になります。

ベーシックプランS2,680円
新規割(6カ月のみ)▲700円
家族割 or おうち割▲500円
合計1,480円

ワイモバイルの家族割の場合、親回線は割引になりません。2回線目の子回線が500円割引になります。つまり、一人でもつ場合は、ソフトバンク光やソフトバンクAirを契約しておうち割に加入しないと1,480円になりません。

しかも、新規割は6カ月間しか適用されませんので、おうち割にはいってないと7カ月目以降は2,680円、おうち割にはいっていると2,180円になるのですね。

ここは間違えないようにしてほしいです。携帯の契約では、こよ期間が限定された割引が多いので、わかりづらいという人が多いです。

それでも、ワイモバイルはとてもわかりやすいと思います。プランは3つで、月額の割引は上記で説明したものぐらいです。

さらに、ワイモバイルをお勧めする理由は以下だワン。

・国内通話は10分間が何回でも無料。

・通信回線は大手キャリアのソフトバンク回線なので、他の格安スマホキャリアよりも品質が良い。

・ショップや店舗が多くて全国に4,000もある。

・安いけど、性能のよい機種がある。特にiPhoneが使える。

それ以外にも、Yahoo!ショッピングでPayPayポイントが他のユーザーよりも多くつきます。これが地味におトクなんです。これはまた別の記事で解説します。

今や格安スマホ市場でNo.1のワイモバイル。
これだけでもお勧めですが、さらにお得なのはキャンペーンです。


ワイモバイルはとにかくキャンペーンがねらい目

ワイモバイルは本当にキャンペーンが多いニャ。

その通りだワン。最近でもこれだけキャンペーンと新機種の発売があったワン。

5月 GWセール
5月 Xperia 10 Ⅱ発売
7月 サマーセール
8月 OPPO Reno3A発売
8月27日 iPhone SE発売
9月1日 iPhone 7値下げ
9月16日 オータムセール

で、前からやっている人気キャンペーンがこれ。

SIMのみ ご契約でPayPay6,000円還元!

SIMのみという契約をご存知でしょうか?今持っている機種をそのまま使って、通信料金だけワイモバイルにすることができるのです。

新しい機種を買う必要はありません。お持ちの機種にSIMカードをいれるだけなんです。めちゃめちゃ簡単!

ワイモバイルの真骨頂は実は「SIMのみ」のご契約なんです!こちらも別の記事で解説します。

そして、SIMのみを契約するならば、ワイモバイル オンラインストアをオススメします。


まだまだコロナの心配がある中、ワイモバイル オンラインストアであれば家から、スマホから申し込みできます。一度でよいので見てください。
もともとプランがシンプルなワイモバイルですので、わざわざ店員さんのお話をきかなくても大丈夫です。

しかも、SIMのみなので、機種を店頭でみる必要もないですね。
必要があれば、チャットサービスもありますので、ホームページの右側にでてくるチャットから、スタッフに、リアルタイムで質問をしてみてください。


SIMのみ検討するならこちら → SIMのみ PayPay6,000円還元!


ワイモバイルにはおトクなヤフー店がある

ワイモバイル ヤフー店をご存知でしょうか。

Yahoo!Japan社が運営しているワイモバイル オンラインショップでのことです。

Yahooは、ソフトバンクのグループ会社ですので、同じグループ内の会社が販売代理店としてワイモバイルの販売をしているようです。

良く知人から「何が違うの?」と聞かれますが、販売主体が違うだけで、サービス内容はまったく変わりません。

毎月の通信料金も変わりません。

では、ワイモバイルのオンラインストアで買うのと同じなのでしょうか。

いえ、「商品ラインナップ」と「特典」が違います。

ワイモバイル ヤフー店ではSIMフリースマートフォンがたくさん売っています。ワイモバイルオンラインストアにはないものがたくさんおいてあります。

何より「特典」が違います。

ワイモバイル ヤフー店で買うなら「5のつく日」である「5日、15日、25日」か
「日曜日」に買うのがおトクです。

何故ならば、

■SIMカードのご契約の場合

なんと14,000円分のPayPayボーナスが付きます。

■機種購入の場合

8,555円のPayPayボーナスが付きます。

本当にお得ですよね。

今日が「5のつく日」か「日曜日」なら買いだワン!


・回線はソフトバンクだからスピードもエリアも安心

格安SIMを検討している人が気にすることに、「インターネットの速度が遅そう」「エリアで圏外が多そう」といったことがあります。

事実、MVNOといわれる、大手キャリアにインターネットの回線を借りている業者では、インターネットの速度が極端に遅いケースもあります。

特にお昼や帰宅ラッシュの18時前後など、満員電車に乗っているとつながらないというのはよくあることのようです。

ワイモバイルは、どうでしょうか。

はっきり言って、全く問題ありません。

どうしてニャ?

ソフトバンクの回線を使っているから。レンタルではないワン。
なので、速度が制限される心配もなく、エリアも充実。
実際、使っていてもまったく不便ないワン。

もちろん、ソフトバンクが圏外のところはワイモバイルも圏外です。

最近はまったく気にならない程度までソフトバンクの回線ははいってますので、山奥などに行かない限りはほぼ大丈夫かと思います。

・ワイモバイルと言えばSIMカード。安くするならSIMカードがおトク

SIMカード」って最近よく聞くけど、何なのニャ?

SIMカード」はスマートフォンや携帯電話に挿す、小さいカードのこと。下をみてくれワン。

ワイモバイル
ワイモバイル

新しい機種を買った時や機種変更した時に見たことあるニャ。

SIMカード」は、電話番号が書かれていて、これを挿すことでスマートフォンで電話ができたり、インターネットができるようになるワン。これがないと、スマートフォンはただの機械でしかないので、一番重要なものだワン。
そして、SIMカードが通信料金と紐づいているので、SIMカードを買うことはつまり、その会社と契約することで、月額料金がその会社になります。

ということは、うちの「SIMカード」を、わん太郎のスマートフォンに挿したら、うちの電話番号で、わん太郎のスマートフォンが使えるってこと?

その通り。ただし、各社とも「SIMロック」という制限をかけていて、ワイモバイルの「SIMカード」は、ワイモバイルのスマートフォンでしか使えないワン。

それは不便ニャ。じゃあ、docomoやauの人がワイモバイルのSIMカードを使うことはできないかニャ?そうすると、ワイモバイルの「SIMカード」だけを買うってことはできないかニャ?

いや、「SIMロック」を解除することができるニャ。各社とも、最近は簡単に「SIMロック解除」ができるので、docomoの人も簡単にワイモバイルの「SIMカード」を使うことができるニャ。

ということは、今使っているdocomoの機種をそのまま使いながら、ワイモバイルのSIMカードを使うことで、通信料金だけワイモバイルの料金にすることができるってこと?

その通りだワン!!
なので、今使っているiPhoneはそのままで、ワイモバイルのSIMカードを挿すことで、月額料金はなんとワイモバイルの2,680円で使えるワン!
だから、今1番人気だわん!!

それはすごいニャ。
機種は変更しなくてもいいと思ってたから、月額料金だけさげられるなんて夢のよう!

しかも、今ワイモバイルのSIMカードを購入すると、PayPayボーナス6,000円もらえるワン!
興味があったら、今すぐチェックだワン。
SIMカードのご購入ならこちら→SIMカードページ

本当に挿しかえるだけだから、簡単だワン!